• 排熱利用を行うメリット

    排熱利用とは熱源を必要する機器から廃棄される熱を利用するというものです。


    排熱利用で利用される熱源としては、熱せられた水や冷却塔の戻り温水、洗浄後の温水などの温度の高い水のほか、乾燥炉や熱処理炉、ボイラーなどから廃棄される高温の空気などがあります。


    これらは通常は、そのまま廃棄されますが、これらから熱を回収するための技術が開発されており、効率よく排熱利用が可能になっています。

    排熱利用について知りたいならこちらです。

    排熱利用を行うメリットとしては、冷却すべき廃棄熱であれば冷ます課程において電気を発電するといったことが可能になりますし、ボイラーなどの場合には廃棄される熱によって燃料や水を予熱することで効率よく熱を得ることができるといったことができます。

    排熱利用はシステムを取り入れた機械がより省エネできる機械として販売されており、あらゆる分野で使われるようになっていますが、一方であとからでも設備に追加することでも実現することが可能です。

    以前は温度差によってタービンを回す方法しか発電する選択肢がありませんでしたが、ゼーベック素子と呼ばれる半導体を利用することで、温度差だけで発電することができます。



    排熱から得られる電気の量は少ないためタービンを回すにしても相応の熱量が必要でしたが、半導体による発電であれば小さな熱量でも発電することができます。



    また半導体ですので機器もコンパクトに作られており故障も少ないので設置に関する制約が少ないといったメリットがあります。